【三国志14】プレイデータ収集版を遊んでみました!

三国志14 プレイデータ収集版をプレイ!

三国志14 タイトル 三国志14を発売前に無料で遊ぶことができると知って遊んでみました!
三国志14をなぜ発売前に遊ぶことができるのか?というと、発売前にユーザーにプレイしてもらってブラッシュアップをするのが目的のようです、なので「プレイデータ収集版」というサブタイトルがついてきています!
三国志14 プレイデータ収集版

プレイデータ収集版の概要

プレイヤーは曹操が君主となっている曹家の勢力を操作して、陳留を本拠地として、敵対する2勢力である「呂布」と「袁術」を撃破して、相手の本拠地である「小沛」と「許昌」を勢力下に収めるのが最終目標になります!
三国志14 プレイデータ収集版 ゲーム目標 期間が2年と短く、1月は「上旬」「中旬」「下旬」の3ターンで1月が経過していきます。
相手CPUのAIはそこそこ強く設定されているみたいで、さらに難易度を変更することはできません。(多分・・・)
三国志14 難易度 ゲーム開発者的には、そこそこ難しく設定しているようで、3回ほどゲームをして慣れてきたらクリアできると感じているようです!
自分も三国志は好きなので、昔にこの三国志シリーズをプレイしていたので、このプレイデータ収集版を遊ぶ前はよゆーよゆーと思っていたのですが、夏侯惇がおどしてくるので、少しビビッてしまいました・・・。
そしていざプレイすること4時間半ほど・・・。
三国志14 ゲーム画面 三国志14 ゲームクリア なんとかクリアすることができました!
相手も強かったですが、こちらも計略や出撃武将たちの連携、戦略フェイズに戦闘中の敵部隊に向かって妨害工作を駆使していたら、どんどん敵部隊を倒すことができました!
ただ、妨害工作等は、お金が必要になるので、内政では商業でお金を確保(米を売却して金策も)、兵士を多く雇えるように兵舎をそれぞれ開発したりしていました!
プレイデータ収集版は短い期間で二つの勢力を撃破するのが目的なので、この考え方で進めていくとドンピシャでした!
もし、攻略が難しいと感じている方がいたら、これらを気にしてプレイすると良いかもしれません!
自分は勢力を操作するより、太閤立志伝のように一人の武将を主人公として遊ぶのが好きなのですが、久しぶりに三国志を遊ぶことができて楽しかったです!

スポンサーリンク
レクダングル大



レクダングル大



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする